しわ、たるみ軽減ガイド

たるみの部位別対策

まぶた

加齢にともない、まぶたにもたるみがあらわれます。目元は皮膚がうすく、乾燥しやすいうえに酷使されがちなため、トラブルが起きやすく、老化があらわれやすくなります。上まぶたにたるみがあらわれると、視界が狭くなり、二重のラインも小さくなってしまいます。

まぶたのたるみは加齢による皮膚や筋肉の老化が大きな原因ですが、アイメイクが原因になることもあります。目元は顔の中でも、とくに念入りに化粧をされるため、アイラインやマスカラを落とす際に、毎日強くこすったり、強い刺激が与えられ続けると、しわやたるみの原因になります。

まぶたのたるみを解消する方法に、マッサージがあります。血液やリンパの流れを良くすることで、余分な水分や脂肪、老廃物を排出されやすくします。そして、日ごろから目に疲れをためないように、蒸しタオルなどで目元をあたため、血行を良くすることも効果的です。

また、美容外科手術によって、まぶたのたるみを除去する方法もあります。軽度のたるみの場合は、メスを使わずに「埋没法」という糸を使う手術で、簡単にたるみを取り除くことができます。

目元の老化はある日突然、生じるものではありません。20代のうちは肌にしわやたるみもなく、比較的潤っているため、念入りにスキンケアをする人は少ないかもしれません。しかし、老化があらわれ始める30代以降になって、あわてて高価な美容品を買い求めることは得策とはいえません。まだ肌が美しい20代のうちから、目元に関してもケアを始めておくと、30代以降になって大きな違いがあらわれるといわれます。早めにケアを始めることで、老化を最小限に抑えられます。

スポンサードリンク

Copyright (C) しわ、たるみ軽減ガイド All Rights Reserved.