しわ、たるみ軽減ガイド

しわの部位別対策

目じり

目じりのしわは、別名「カラスの足跡」ともよばれています。目じりからこめかみにかけて、数本の線状にしわができ、カラスの足跡に似ているところからそう呼ばれるようになりました。また、俗に「笑いじわ」ともよばれ、幸せで笑うことが多かったためにできたしわなどといわれることもあります。

そのことからも、目じりのしわは表情筋によってつくられ、笑うと目立つしわといえます。目じりのしわはやはり乾燥が原因でできることが多いため、保湿を充分に行うことでしわができにくくなります。また、マッサージを継続して行うことも効果があります。

目じりのしわは、美容整形外科や美容クリニックで行うボトックス注射が有効といわれています。近年はボトックスの普及率が高く、保湿やマッサージでは満足できない人が受けているようです。ボトックスの効果は早く、注射を受けたその日にしわがなくなるため、すぐに効果が実感できます。

ただし、ボトックス注射の効果は永久に続くものではないので、定期的に注射をする必要があります。それでも、以前のようなメスを使った本格的な整形手術に比べれば、とても手軽な治療法といえるため、とても人気が高く、リピーターも多いようです。

目じりのしわができやすいタイプがあります。一般的にほっそりとしていて、顔の肉付きが良くないタイプの人はしわができやすいといえます。また目が大きな人は、目の小さな人に比べると、目の周りの筋肉を大きく動かしているので、その分しわができやすくなります。

スポンサードリンク

Copyright (C) しわ、たるみ軽減ガイド All Rights Reserved.